ホームページをご覧いただきありがとうございます。埼玉県内を中心にお墓のお仕事をさせていただいております、三光石材の北原と申します。さいたま市思い出の里市営霊園の室内墓地に、百合の花が素敵な洋型の黒御影墓石が完成しました。その際の様子をご紹介いたします^^

【完成したお墓のお写真】

 

ご依頼いただいたお客様は、旦那様を亡くされた奥様と娘様です。思い出の里市営霊園の屋内墓地を取得され、お墓を建てたいとお考えでした。そこで、石材店を探されていたのですが、インターネットにて当店のホームページの、花彫刻のされたお墓の施工例をご覧になり、お問合せくださいました。

「まずはカサブランカを3輪彫刻をしたい。」ということや、その花の彫り方やお名前の彫刻の仕方もご指定をいただいたりなど、お客様は建立するお墓に対して並々ならぬ思いをお持ちで、お墓の図面を描かれていました。そして、石の種類や色、お墓の形なども、様々なホームページをご覧になりながら、お2人でしっかりとお考えをまとめていらっしゃいました。

ご要望を全て細やかにお伺いし、お墓の建立が始まります。

 

こちらが建立される区画です。思い出の里市営霊園の屋内墓地は、お客様が墓地を購入された際、すでにこのようにカロートができている状態です。このカロートの蓋を外して基礎工事をしていきます。

 

芝台、拝石の部分を据え付けていきます。お写真では見えにくいですが、奥と手前の2枚石でつくられています。奥のオレンジの丸の部分ですが、この上に棹石が設置されますので、免震棒にボンドをつけています。墓地のきまりで、お墓自体は外せるようにしておかなくてはなりません。そのため、棒と棹石のみボンドで固定することができます。

手前の矢印は花立と墓誌用の免震棒です。こちらも外せるようにしなければいけないため、少々の揺れでは倒れることのないよう、免震棒を使用します。ただ石を乗せるだけの場合に比べ、かなり頑丈な作りになります。建立後に新たにご納骨される際は、花立てや墓誌を外し、その下の手前部分の芝台を外して行います。

 

花立の部分はお客様の設計通りにおつくりしています。花立の部分に彫刻されているお花の角度やつぼみを一つ出すことなど、細やかにご指定いただきました。

 

こちらは正面の文字です。この彫刻は、お客様のご希望された二段彫り(筋彫り)仕上げとなっています。 こちらの彫刻に関しても、お墓の原寸大の紙に、実際にどのように彫刻をするか描いて確認をしたり、お花の角度、文字の大きさなど全て細やかに調整を行いました。

 

お参りされる際、墓前に立つとこのような角度でお墓を見ることになります。お写真ではぼかしてありますが、お家のお名前が見えるよう文字の配置も考えられています。

 

花立の彫刻は、花自体を彫刻するのではなく、周りを彫って花を浮かび上がらせる、”浮かし彫り”です。こちらもお客様のご希望です。花立ては脱着式のステンレス製のものですので、お花のお手入れやお掃除がとてもしやすくなります。

 

完成したお墓を見て、お母様と娘様に大変お喜びいただきました^^ 亡くなったご主人様(お父様)のために、お2人が一生懸命、熱心に細部までしっかりとデザインをされ、文字の配置やお花の角度など、ひとつひとつにもこだわっていらっしゃったことがとても印象深く、「こんなお墓にしたいんです!」という強い思いがひしひしと伝わりました。

お客様は、希望のイメージを実現にするため、事前にたくさん調べてお墓についてお勉強をされていました。細部まで図面を描いてきてくださったのは、当店ではお客様が初めてで、「お客様のこの強い思いに精一杯お応えするぞ!」と当初は少しドキドキしていましたが、「この方法で彫刻をしてほしい」など、最初から計画が細部まで出来ていることにより、スムーズにお墓づくりができたなぁ、と感じました。

お墓を建立させていただく際、「こんなお墓はいかがでしょうか?」と、こちらからご提案をさせていただいても、お客様としっかり打ち合わせをすることで細やかなご要望を伺い、ご希望にピッタリ沿ったお墓をおつくりすることはもちろん出来ます。しかし今回、細部までお客様がこだわりぬいたお墓をお手伝いさせていただき一緒につくりあげたことは、石材店としてとても良い刺激をいただきました。

今後もお客様に寄り添い、お喜びいただけるお墓づくりができますよう、スタッフ、職人一同、心をこめてお墓仕事に携わっていきたいと思います。